簡単にできる飲酒管理

飲み過ぎないために、禁酒や節酒をサポート。iPhone・Androidでアプリをダウンロード

飲酒量をコントロール

お酒を楽しみつつ健康も管理したい方におすすめの機能です。今日は何杯飲んだのかクリック1つで記録することができ、カレンダーで飲酒した日と量が一目でわかります。

厚生労働省は「1日平均純アルコールで20g程度」を節度ある適度な飲酒と発表しています。これは、ビール中ビン1本(500ml)、日本酒や焼酎1合、ウイスキー(ダブル60ml)、ワイン1杯などに相当します。

お酒の飲みすぎが原因であることが明白である二日酔いも、飲酒量をコントロールすることで回避することが出来ます。

週に2日は休肝日

嗜好品であるお酒ですが、習慣的な飲酒を継続していると徐々に飲酒量が増加する危険性もあるとされています。

習慣的な飲酒による肝臓への負担を減らすため、週に2日の休肝日をお勧めします。カレンダーを見ればいつ休肝日だったかすぐにわかります。

適度な飲酒量・休肝日で、お酒と上手く付き合いましょう。

飲み過ぎは健康を害す

お酒と健康には密接な関係があります。世界保健機関は飲酒は60以上もの病気を引き起こしていると報告しています。

これまで自分の飲酒量を気にしたことがなかった方もまずは飲酒量を振り返り、飲み過ぎていた日が続いていないかを確認しましょう。

飲酒による健康への被害は、種類ではなくアルコール摂取量との関係性が深いといわれているため、飲酒した量を記録することで健康管理も同時に行う事ができます。

ダウンロードはこちらから