参加団体インタビュー

株式会社栗原医療器械店様

株式会社栗原医療器械店様は、2021年10月より本格的にグッピーヘルスケア[健康ポイント]を活用して、社内の健康経営を進めています。社内への浸透率や本社と支店間での温度差に課題があり、今回はその課題を解消するための第1弾の取り組みとして、モデルケースとなる城南支店に協力してもらいながらウォークラリーイベントへご参加いただきました。城南支店の皆様を含め、ウォークラリーへは656名様にご参加いただいております。今回は城南支店の支店長である長竹様や社員の皆様に、実際の取り組み状況や率直なご感想を伺いました。

どのようにして参加者を集めましたか?

長竹様
本社から社員向けに案内はありましたが、そのほか支店内の社員には私から個別で声掛けを行い、まだ登録が済んでいない人にはその場で説明を行いました。その甲斐もあり、支店内の約9割の方にご参加いただけました。

社員の皆様にご参加いただくにあたり苦労された点はありますか?

長竹様
社員の中には社用携帯を持っていない人もいて、私用携帯では通信量を気にされる方もいるため、その方たちにアプリを入れていただくことに一番気を遣いました。あくまでも任意参加で楽しく参加してもらいたいので、強制は行っていませんが・・。

イベントを盛り上げるために実施した具体策があればお聞かせ下さい。

長竹様
支店内で1~3位になった社員への景品を用意しています。また、それだけでなく私より上位だった人には自費で何かプレゼントをする予定です。そのためか予想以上にみんな一生懸命に取り組んでくれて(笑)負けないように支店内で5位以内を目指したいと思っています!あとは、本社の協力で、毎週事務所内のサイネージに支店内のランキングも発表しています。週末頑張って30,000歩歩いたのに全然順位が変わってなくて、社員に聞いてみると「40,000歩も歩きました!」と言われて、悔しい気持ちになったりもしています(笑)

社内で起きた変化などはありましたか?

長竹様
一番はコミュニケーションが増えました。普段コミュニケーションをとらない意外な人との「どんな工夫をしているの?」という会話が自然と出てきたり、一生懸命に取り組む姿など新たな一面性を知る良い機会にもなっています。また、月末には社内で山登りのイベントがありますが、ウォークラリーがきっかけで普段あまり参加しない人も一緒に参加してくれることになりました。
社員A様
私の周りでは毎朝ウォークラリーの話題が出ています。周りから「駅で階段を使うようになった」という話を聞いて、自分でも取り組むようになり、今ではそれが習慣化しています。

実際にウォークラリーへ参加してみていかがですか?

社員B様
きっかけは会社からの案内でしたが、今では自分の中で健康意識が浸透し、毎日継続して歩いたり、食事の記録などを行っています。イベントがない時期は一人でアプリを活用することがほとんどなので、イベントで周りのみんなが取り組んでいると、自然と自分も「やろう!」という意識が芽生えて良い刺激になっております。

イベント終了までの意気込みがあれば教えてください!

社員B様
個人では平均10,000歩の達成を目指します。会社としても、もっと上位に行けるようにみんなで頑張りたいです!

今回のウォークラリーでは、城南支店からは社員の約9割の方にご参加いただき、盛り上がりを見せていただけているようです。今後はアプリを社内へ浸透させるための第2弾の取り組みとして、支店対抗ウォークラリー実施を企画中とのことです。城南支店での盛り上がりをモデルに他の支店へ展開することで、より白熱した戦いになりそうですね。今後社内でもっとアプリが浸透していくことを期待します!

トップに戻るkeyboard_arrow_right

参加団体インタビュー

お問い合わせ

CONTACT

株式会社グッピーズ ヘルスケア事業部

phone03-5908-3883 営業時間:9時~18時(土日祝除く)