参加団体インタビュー

ネッツトヨタ富山株式会社様

スタッフから愛される健康企業づくりを目指し、健康企業宣言富山推進協議会顕彰「健康企業宣言 銀の認定」、さらに経済産業省顕彰「健康経営優良法人」2022年の中小規模法人部門で認定も取得されているネッツトヨタ富山株式会社。
まるで車の販売店とは思えないようなオシャレな造りのネッツトヨタ富山株式会社 本店で、今回のウォークラリーの感想をお聞きしました。

健康企業宣言をはじめ健康経営優良法人(2022中小規模法人部門)も取得されていますが、社内での健康課題を教えてください。

自動車業界共通でもあると思うのですが、喫煙率が高いことは大きな課題です。あと定期健康診断の再検査の受診率ですね。ファーストステップの受診はある程度皆さん受けてくださるのですが、その後自己責任で再検査を受診していただく際、少し受診率が下がりますね。

また、特定保健指導の対象者も年々増えてきているんです。背景としては、コロナ禍で急激に増えた印象があります。やはり運動不足による体重増加が見られますね。そんな中、保険組合からのご提案で、今回のウオークラリーイベントのご案内を頂いたんです。

これまでアプリを使った取り組みはありましたか?

実は過去実践しようとしたんですが、細かな数値入力が求められ、少しうちには向かないかなと思い見送りになってしまいました。簡単な操作性ではないと導入が難しいと感じました。その点グッピーヘルスケアアプリは、登録もシンプルだったので導入ハードルは低い印象があります。

どのようにしてウォークラリーの参加者を募りましたか?

単に「健康管理アプリを導入しよう」ではなく、ウォークラリーというイベント形式で発信を行うことで、自然と周りの従業員同士で声掛けは生まれましたね。社内周知では、所属長や管理職の方からの発信は勿論ですが、全社員が閲覧できるLINEWORKSを使って情報発信を行いました。店舗によっては、店長やリーダー陣から若手に声をかけてもらい、参加を巻き込んでくれていました。強制参加にならないよう、一緒に頑張らない?とうまく発信してくれていたんだと思います。

ウォーキングイベントを実施してみて見えた傾向や特徴などはありますか?

これまでちょっとのことで車を使っていたのが、歩くことに切り替えましたね。自然と運動する意識がついたのかもしれません。過去の平均歩数と比較すると歩数は間違いなく上がっています。出勤前にウォーキングしたり、昼休憩のときには座っているだけではなく、食後あえて歩くようにしていますね。あとはニックネームでの参加でしたので、社内で「この上位にいる人は誰だろう・・?」と話題に上がることが多々あり、コミュニケーションが活発になりました。

上位入賞者などに対するインセンティブは独自で設定されましたか?

今回社内では申請制のチーム戦を実施しました。結果をイベント終了後の11月に、社内イベントで表彰を予定しています。内容は未定ですが、景品も予定してます!

チーム戦は各自自由に同期同士で組んだり、店舗で組んだり様々です。必ずしもチームを組まなければいけないというわけではなく、今回は申請制にしましたね。ですのでチーム戦と個人戦でそれぞれ表彰を予定しています。私達も結果が楽しみなんです。

今後何か健康施策の予定があればお聞かせ下さい

健康経営を実践するにあたり、今回のような運動施策ももちろん大切ですが、今後は食事面についても何かアプローチしていきたいと考えています。

社内独自での景品・表彰設定を設けるだけではなく、トップ層からの発信もあったことで、多くの方に参加いただけたようです。今回は初の試みでしたが、次回は更により多くの方に参加してもらえるのではないでしょうか。11月の結果も楽しみです!

トップに戻るkeyboard_arrow_right

参加団体インタビュー

お問い合わせ

CONTACT

株式会社グッピーズ ヘルスケア事業部

phone03-5908-3883 営業時間:9時~18時(土日祝除く)