参加団体インタビュー

富山日野自動車株式会社様

富山県内にある、トラック・バスの販売・整備や部品・中古車の販売をおこなっている富山日野自動車株式会社。皆さんで仲良くHINO(日野)のロゴマークを作って頂きました。今回はそんな皆様にウォークラリーに参加された感想など、どのような変化があったか、お話を伺ってきました。

健康企業宣言をはじめ健康経営優良法人(2022大規模法人部門)も取得されていますが、社内での健康課題を教えてください。

大きく2つあり、もともと喫煙率の高さと、運動習慣の定着が課題でしたね。当社には軟式野球部があり、クラブ活動が活発に行われてはいますが、全員というわけではないので、全員に対してのアプローチに少し頭を悩まされていました。

以前は親睦会をかねて、ゴルフやボウリング大会などのスポーツ大会を実施してましたが、コロナ禍にはいり、少なくなり・・。各社より様々な提案を頂いてはいたのですが、聞く一方で一体どれを使えば良いのか、自社にはどんなツールが合うのか、今ひとつ踏み込めないでいました。そんな中、健康保険組合の方からアプリを使ったウォークラリーのご提案を頂き、直感的にも取り組みやすそうな印象があり参加を試みました。このようなイベントに参加するのは今回が初めてでしたね。

イベントの担当者、運営側として苦労された点はありますか?

アプリを使ったこのようなイベントは実施した事例がなかったので、どのように周知すれば浸透するのかは少し考えましたね。総務からの発信というわけではなく、安全衛生委員会の皆さん、各営業所毎に担当者を決めて展開を行いました。あくまでも強制ではなく、”楽しんで取り組もう”ということを根幹として、積極的に呼びかけました。先ずは社内の雰囲気を一番に考えましたね。

結果、若手の社員はあまり抵抗感なく入ってくれました。スマホ操作が不得意な方は、スマホを見ながら登録をサポートしたりしましたね。参加する方が増えてくると、イベント開始後につられて興味を持つ方も出てきたりして、開始後10月に入ると更に登録者が増えていきました。

開始前後でモチベーションや、何か意識の変化はありましたか?

社員構成は比較的に若い方が多いのですが、今回若手社員から「折角イベントを実施しているので、このアプリをもっと広めていかないと!」と声が上がり、担当者としても心強いかぎりでした。
参加者目線としては、もともと別アプリで自身の歩数をチェックする習慣はあったんですが、今回イベント開催中はスマホで歩数を見る回数はぐっと増えました。チーム順位だけではなく、チーム内での自身の順位も確認できるので気になってよくチェックしていました。

今後何か健康施策の予定があればお聞かせ下さい。

この1ヶ月のイベントで終わらないよう、このアプリはいろんな機能があるのでうまく活用しようと考えています。今はイベントと並行し、健康保険組合様と協力しながら10月から12月末の3ヶ月で平均歩数が上がった方に表彰を予定しています。また歩数だけではなく、その他の指標で今後イベントや企画があると面白いかもしれません。

今回初めての試みでアプリを使ったウォークラリーに挑戦された、富山県日野自動車株式会社様。若手社員を中心に、積極的にアプリを活用して頂けているようでした。社内の雰囲気づくりも大切にされているからこそ成功したのだと思います。これからの健康施策にも注目ですね。

トップに戻るkeyboard_arrow_right

参加団体インタビュー

お問い合わせ

CONTACT

株式会社グッピーズ ヘルスケア事業部

phone03-5908-3883 営業時間:9時~18時(土日祝除く)